知る人ぞ知る情報なんだけど高校の頃のハンド部メンバーでマイミクのemyと私は誕生日が1日違いなので、毎年お互い「おめでとう!」を送り合う仲なのです。そこで今年はemyから「クリスマスパーティー的なことはしないの?」というようなメッセージを受け取ったので、それまでは全く考えてなかったけれどどうせなら人を集めて楽しくやろうか!!と張り切ってみた。

Read the rest of this entry

はじめてのお泊まり

金曜にヒトリで友だちの家にお泊まりに行ってきた。ヒトリで夜遊びがもう何年ぶりか思い出せないくらい久しぶりだった。
Read the rest of this entry

親友のなっちゃんを誘って行ってきたよ。
写真が多いので表示が遅かったらごめん。

場所は代々木上原の視聴室という名のカフェ。
Google Map ストリートビューで予習していなかったらすごく迷いそうな感じで
閑静な住宅街の中にぽこっとあった。

代々木上原

看板

黒板

黒板をみて「あっ」、いるね~って(笑)

視聴室は誰かの家にお邪魔しているような居心地の良いカフェだった。
foodもおいしかった。オススメはカレーだね。

my daughter in the cafe

fighting with omelette rice

オムライスをがっつく娘。

ワークショップとして参加した作業は
シュレッダーにかけた写真(今回は植物たち)を
両手を広げた長さにカットした紙の紐に巻き巻きして
輪っかを作ってつなげていく内容。

ワークショップ

つながるワ

集まるときれいだし、知らない人と同じ作業を通してつながっていくことが面白かった。
大人も子どもも無言で巻き巻き・・・。
なっちゃんは巻く作業にはまったみたいで家でも作りたいって言ってた。
久々に手を動かせて楽しかったね。

コルクたちの肖像画


こちらの動画も流されていた。
コルクさんたち、ゆるい感じで味があっていいね。
とぼけた顔して大冒険をしてる。

いつもの人たち

いつものひとたち

さくら

さくらの木

テラコッタ

こんなところにもいつものひとが

克子先生の作品は今流行りの北欧インテリアに合うと思うんだよね。
北欧と沖縄は遠すぎるけれど、色味もフォルムも違和感がないはず。
置いたら家が明るくなりそうな、そんな絵。
お友だちの引っ越し祝いにどうでしょうか(軽く宣伝)。
私も手元に置きたいのだけれど、手持ちが少なかったのでまた次の機会に…

今週末から、那覇の栄町で市場の絵を描くワークショップがはじまるらしいので
沖縄に住んでる人たちは参加してみたらいいさ。
なかなか普段手を動かす機会がない人は特に、普段使ってない脳の部分の刺激にもなっていいはずよ。

私ももっと「作る」ことたい。子ども巻きこんでさ、これからちょっと積極的になんか作ろうと思う。

楽しい日曜だった!

コルクの友 克子先生のblog

CORNERS

人の家をのぞいてる感じの写真集。インテリア本と違って、生活感がありすぎるところがいい。
部屋とか部屋にあるモノとか、持主の人柄が現れるね。
おせじにもきれいとは言えない部屋でもすごく味がある。
みんな自分には何が大切かわかっているんだね。私はまだお気に入りを確立できていないけれど、
いつか素敵なcornerを作ってみたいと思った。 

484413406X CORNERS―誰の部屋にもお気に入りの片隅がある
Beretta P‐34
雷鳥社 2002-07  

by G-Tools

そうそう、かなり内輪ネタですが、よぎまり先輩のcornerも紹介されてた。
ページめくったら先輩発見しちゃって、うおってなったよ。
最後に会ったのはたぶん7か8年前で場所は末吉公園・・・。
なんかその時のこと思い出しちゃった。
先輩元気かな~。相変わらずかっこ良いですね!

石垣克子展行こうぜ

告知はこちら

かっちゃんの描く丸顔のキャラクター、なんともいえない良さがあるよね。